生きるための油(脂)その2






こんばんは!





遅くなってしまいました、




2ッ星栄養コンシェルジュ®の木田です。





僕は数年に一度、





漫画にハマる時があります。





今回ハマったのはゴールデンカムイ






*公式サイトから拝借しました。





北海道の住人、





アイヌの少女が主役の物語。





この物語は狩りをした動物を





食べるシーンがよく描かれてます。





僕の出身は平取町振内ってとこで





近隣には二風谷というアイヌのコタンがあり





友達や知人やたくさんいますが





アイヌ料理だと教えてもらって食べたものは少なく





漫画を読んで知りました。





よく描かれてるのは「脳みそ」を食べるシーン。






*ネットから見つけた画像を拝借しました。





塩をかけて食べると美味いと主人公は言います。





昨年9月頃のブログでも





生きるためには油(脂)が必要と書きました。





脳は脂質の塊で





中性脂肪以外の脂肪はあると言われるほど。





脂は「報酬」と捉えられてるので美味しく感じるんですね。





ヒンナ(美味しく食べれることに感謝するアイヌの言葉)。





脳みそ以外にも脂を優先的に食べてるシーンが出てきます。





やはり生きるためには脂が必要ってことは





無条件に当たり前なんですね、





今も昔も。





必要最小限の狩りをし、






必要最低限の栄養を補給し、





食糧となる動物やその動物を獲る道具にも





最大限に感謝をするアイヌ文化に





学ぶことがいっぱい。





せっかく身近にアイヌ文化があるから





もっと触れていきたいな。





でも…





脳みそはカテゴリー5だからなー。





太っちゃうなー。





食べれないなー。





特に生で食べるのは勇気がいる。





やっぱチタタプしてだな。





チタタプチタタプ。






栄養と健康のコンサルティング

一般社団法人 日本栄養コンシェルジュ協会認定 2ッ星栄養コンシェルジュ®、1ッ星栄養コンシェルジュ®登録講師の木田です。 ライフスタイルや目的に合わせて食べ物を選び・伝えるスペシャリスト。 ダイエット、筋力アップ、生活習慣病予防、介護予防、成長期、妊活など目的別にコンサルティングをご案内致します。 このブログではその情報や方法をわかりやすく伝えていきます。 プライベートのことも書きますよ~。

0コメント

  • 1000 / 1000